福岡県北九州市のJM活性コークス株式会社は、J-POWERの子会社として石炭火力発電所向け排煙脱硫・脱硝用活性コークスの製造をおこなっております。

 

会社概要

 

JMACの歩み

JMACの歩み
 
What's "JMAC"...JM活性コークス㈱とは
 JM活性コークス(JMAC)は活性コークス(排煙の脱硫・脱硝に使用する吸着剤および触媒 ※詳細は「活性コークス」の項を参照)の製造を行っており、JPOWER(電源開発)と日本コークス(旧三井鉱山)が合弁で設立し、H17年に誕生した会社です。JはJPOWER、Mは三井鉱山の、それぞれの頭文字をとって命名されました。
 北九州の2つのプラントで年間約7,000tの高性能活性コークス(AC)を生産し、ほぼ全量をJPOWERに供給しているほか、鉄鋼メーカーをはじめ様々な産業向けに、厳しい品質基準を満たす海外製ACを販売しています。
 
FROM COAL...それは石炭から始まった

 明治の創業以来、常に我が国石炭業界の旗艦企業であった三井鉱山(株)
 日本一の出炭量を誇った三池(福岡県大牟田市)をはじめとした炭鉱運営に留まらず、大正期には早くもコークス炉を核とした石炭化学コンビナートを運営するなど、リーディングカンパ二ーとして営々と蓄積してきた関連技術・ノウハウで多角化にも積極的に取り組んできました。高性能活性コークス(AC)とこれを活用した乾式脱硫脱硝(ReACT)技術もその流れのなかで生まれました。

 

 一方戦後の電力不足を解消するため、奥只見等の大規模水力開発を行う国策会社として設立された電源開発(株)。その後も我が国のエネルギー政策を、商業ベースで成立させて支えてきましたが、国内炭を使用した火力発電もそのひとつでした。昭和30年台終盤、当時は石油火力が主流の時代でしたが、石炭政策に基づいて三池炭をはじめとした国内炭を利用する発電所を次々と建設しました。

 そこで培われた技術が、オイルショック時に海外から石炭を輸入し発電するという大胆な戦略を商業ベースで成功させ、完全民営化した現在も石炭火力発電の分野で国内トップランナーの地位にあり続ける礎となっています。

 

 発電所への国内炭供給に始まった2社の関係は、石炭火力発電の環境技術の分野にも広がっていきました。平成14年、磯子火力発電所のリプレースにあたり、横浜市の厳しい環境基準クリアのため、電源開発が選んだのが、三井鉱山の高性能ACを活用した乾式脱硫脱硝システムでした。

 
FROM COAL TO...その先へ、未来へ

 乾式脱硫脱硝システムに不可欠な高性能活性コークスの安定供給を確固たるものにするため、平成17年に2社が共同で設立したのが、JM活性コークス社です。安価でクリーンな電力に欠かせぬ活性コークスを生産し、J-POWERに提供しています。

 また関連エンジニアリング技術を三井鉱山から譲り受け、当社と同時期に設立されたのがJPエンテック社です。乾式排煙処理技術(商標登録名「ReACT」)を国内に留まらず世界に向け発信、排ガスのクリーン化にグローバルに取り組んでいます。

 

 その後三井鉱山は日本コークス工業と名前を変え、事業の選択と集中に伴いJMACへの出資比率は10%となりましたが、三井鉱山で生まれ、育った技術とノウハウは、熱い思いとともに当社に引き継がれ、更なる進化を続けています。

 JMACはこれからもその名に負ったMの文字を、誇りと自信とともに掲げてゆきます。
 

 

JMAC関係年表

JMAC関係年表
 

会社データ

会社データ
  ■会社名 JM活性コークス株式会社
  ■所在地 〒808-0021
福岡県北九州市若松区響町1丁目2番地2
  ■電話番号 093-752-2566
  ■FAX番号 093-752-2567
  ■代表者 代表取締役 伊藤 康人
  ■設立年月 平成17年6月
  ■資本金 4億9千万円
  ■業務内容 活性コークスの製造・販売
  ■主な製品出荷先 国内J-POWER火力発電所
国内新日鐵住金製鉄所
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
 
JM活性コークス株式会社
〒808-0021
福岡県北九州市
若松区響町1丁目2番地2
TEL.093-752-2566
FAX.093-752-2567
qrcode.png
http://jm-ac.jp/
モバイルサイトにアクセス!
002143
<<JM活性コークス株式会社>> 〒808-0021 福岡県北九州市若松区響町1丁目2番地2 TEL:093-752-2566 FAX:093-752-2567