福岡県北九州市のJM活性コークス株式会社は、J-POWERの子会社として石炭火力発電所向け排煙脱硫・脱硝用活性コークスの製造をおこなっております。

 

社長挨拶

 

代表取締役 伊藤 康人(いとう やすひと)からのご挨拶です。

代表取締役 伊藤 康人(いとう やすひと)からのご挨拶です。
 

 弊社は平成17年、電源開発株式会社(J-POWER)と旧・三井鉱山株式会社(現・日本コークス工業株式会社)の合弁会社として設立されました。工場や発電所から出る排煙を処理する装置の触媒・吸着材である活性コークスの製造販売を事業としており、北九州市若松区の日本コークス工業北九州事業所敷地内で工場を営んでおります。
 
 活性コークスを用いた排煙処理技術は、旧・三井鉱山株式会社が開発し1980年代より事業を営んで参りました。しかし平成17年の同社事業再生に伴う変革の一端で、排煙処理技術事業をJ-POWERに譲渡する方針が決定。J-POWERも、技術開発段階より協力してきたことから事業を引き継ぐこととなりました。

 このような経緯から、活性コークスの製造・販売部門を担う会社として、J-POWERと旧・三井鉱山株式会社が合弁で設立し、再スタートを切ったのが弊社です。(技術部門についてはJ-POWERの子会社であるジェイパワー・エンテック株式会社が継承)

 

 弊社のお客様は、活性コークスを吸着材に使用する排煙処理装置やごみ焼却設備を運営する鉄鋼メーカ、電力会社、自治体などです。万が一活性コークスの性能に不備があった場合、周辺の環境に大きな社会的影響を与えてしまうため、大変責任のある仕事を担っていると自負しております。より高い品質達成、安定した製品の供給に向けて日々精進して参ります。

 

 又、弊社の親会社であるJ-POWERは、自社の発電所に本技術を用いる大型の排煙処理装置を複数基保有する大口の顧客であると共に、ジェイパワー・エンテック株式会社を通じてその技術を米国、欧州等世界に展開しております。

 

弊社は触媒・吸着剤である活性コークスの安定供給、品質確保を通じ、世界に羽ばたく企業であり続けたいと思っております。

 

 

代表取締役 伊藤 康人

 
JM活性コークス株式会社
〒808-0021
福岡県北九州市
若松区響町1丁目2番地2
TEL.093-752-2566
FAX.093-752-2567
qrcode.png
http://jm-ac.jp/
モバイルサイトにアクセス!
002564
<<JM活性コークス株式会社>> 〒808-0021 福岡県北九州市若松区響町1丁目2番地2 TEL:093-752-2566 FAX:093-752-2567